2017/09/24

埼玉の高校受験生&保護者必見!『彩の国進学フェア』の活用法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

一人娘の家庭教育から生まれたオリジナルメソッド『万の種』。
「遊びは学び♪学びは遊び♪」がコンセプトの知的好奇心種まき講座を企画・運営しています。(対象は未就学児から小学生まで)
子育てや講座内で活用してきた「おもちゃや教材の話題」を中心に、子育て中の親子にとって役に立つ情報をお伝えします!!

 

夏になると、毎年『彩の国進学フェア』というイベントが開催されます。

埼玉の高校受験をする生徒とその保護者に対して、高校を紹介するイベントですね。

埼玉の高校入試は、ちょっと特殊なシステムなので、情報収集しようと沢山の親子が出掛けます。

 

 

コレを読んでいる方はもしかして、

「暑い時期だし、受験はまだ先だし、行かなくても良いんじゃないの?」

「学校ならまた個別に訪ねることになるんだし、今回はパスしても良いかなあ。」

などと思っていませんか?

 

それとも

「せっかくだからいろいろな学校を見て回ってこよう!」

と意気込んでいらっしゃるかもしれませんね。

 

いずれにせよ、イベントに参加するには『何を目的に行くのか?』が明確になっていると、より必要な情報を掴みやすくなるものです。

 

そこで、『彩の国進学フェア』に参加する場合には、どういう目的をもって出掛ければ有効活用出来るのか?

そのあたりを、紹介していきます!

 

彩の国 進学フェア

(出典:ワイズメディア)

 

埼玉の高校受験システム

 

まずは、ちょっと特殊な埼玉県の高校受験の一つの例を書いてみます。

(実際には様々なケースがありますので、あくまでもよくある一例です)

 

(0)文化祭や高校の説明会などに出掛けて情報を収集する。

(1)受験生は月1程度の業者テスト受験をする。

(1.5)進学フェアなどで、高校の先生と接触する機会を持つ。

(2)業者テストの成績を持って希望する学校に個々相談に行く(受験相談:秋から)

(3)(2)の際、高校側から合否の目安が示されたり、加点について告げられたりする。

(4)(3)の内容によっては、再び高校に受験相談に行く。

(5)受験相談の結果などを考慮して実際の受験校を決める

(6)1月後半から埼玉県の私立高校受験

(7)3月はじめに埼玉県公立高校受験

 

埼玉の高校受験システムは当日のテストの成績だけでは決まりません。

特に、私立高校の場合は、事前の受験相談の内容が合否に大きく関わります。

受験相談では業者テストの結果を持って学校を回ることになりますから、業者テストを受けていないとそれだけで不利です。

また、当然、受験する学校の受験相談に行かなければ損をする可能性が高いということも覚えておいてください。

 

つまり、埼玉県の高校受験は、

『業者テストの結果と受験相談の結果が実際の受験の結果に大きく関わる』

というシステムになっています。

 

 

『彩の国 進学フェア』の位置づけ

 

『彩の国 進学フェア』は埼玉県内の公立高校、私立高校を中心に沢山の学校が一度に集まるビッグイベントです。

ここでは、情報収集をするために各高校の先生と実際に話をしてみることができます。

しかし、あくまでも『情報収集』の機会であって、受験相談会ではないんです。

「このチャンスに確約をもらおう!」

「これで、受験に有利にしてもらおう!」

ということは出来ません(『彩の国進学フェア』の趣旨としても禁止されている)ので、そこはお間違いなく!

 

 

『彩の国 進学フェア』の使い方

 

「なんだ。進学で有利に働くと思ったのに、関係ないのかー。

じゃあ、行くのやめようかな・・・」

と思ってしまったあなた、ちょーっとまったーっ!!!

いやいやいや、参加する意味は大きくあるんですよ。

むしろ、ちゃんと行った方が良いですって。

 

 

子ども自身の大事な経験の場

 

せっかく行くなら、是非これを実践してみてください。

 

実際の高校の先生に子どもが自ら質問する。

 

「なーんだ」と思っちゃいましたか?

でも、実はこれ、とーっても大事なことなんですって。

中には「子どもが大変だろうから、親だけで行こう!」とか

「並ぶの大変だし、行かなくて良いか・・・」とか

そういう話もちらほら聞こえてきますけど、そんな感覚だともったいないです。

 

大事なことなので、もう1回書きますけど、

 

実際の高校の先生に子どもが自ら質問する。

 

これ、是非やっていただきたいんです。

 

子どもにとって親でもない、先生でもない、『自分のことをまったく分かっていない、生徒を取る側の人間』に接触するという大事な練習の機会になるからです。

 

どんな質問をする?どの学校に行く?

 

質問は、何でも良いんです。

「こんなこと聞いたらダメかな?」とか難しいことを考える必要一切なし!!

「うまく話せなかったらどうしよう?」など不安に思うかも知れませんが、その緊張も大事な経験です。

練習の機会なのですから、上手く活かしてください。

高校に実際に相談に行く前に出来る貴重な練習の時間ですから。

 

また、受験したい高校がまだ決まっていないとか、希望する高校があまりにも人気校で順番が回ってきそうにないとか

そういう状況の時は「練習なんだからどの高校でも経験値は積める!」と割り切ってみるのも手です。

実際の受験相談は出来ないのですから、「この時間をどう有効に使うか?」という視点で行動することをオススメします。

 

 

進学フェアで体感して欲しいこと

 

進学フェアでは、沢山の高校受験生が集まってきます。

「『彩の国』なのだから、埼玉県の受験生が集まるんだよね?」と思いますよね?

それは半分正解なんですが、実はそれだけではないのです。

千葉県からも東京からも神奈川からも、もしかしたらその他の県からも来場しているんです。

つまり、「埼玉の高校を受けよう」と思っている方はもれなく対象者なので、埼玉県外からも沢山の来場者があるイベントなんです。

だから、圧倒的な人が集まってきます。

ということは、それだけ、埼玉県の学校を受験する生徒は多い、ということなんです。

 

午前中の時間帯だと会場の外まで入場待ちの長い長い列ができることがよくあります。

長く並ぶことは大変だと思いますが、子どもたちには、この、人の波、波、波を是非体感していただきたいんです。

「これだけ受験生がいるんだ!こんなに多くの人がテストを受けるんだ!」

「この中で自分は戦っていかなくてはならないんだ」

と実感して欲しいんです。

 

進学フェアでは、親子で体感&体験を共有することが大事です。

「子どもに大変な思いをさせたくない」とか、「子どもは忙しいから」とか

そんなのもったいないですよ。

是非お子さんに体験してもらって『自分の受験を意識する機会』にしていただけたらなと思います。

 

『彩の国進学フェア』開催概要

 

『彩の国進学フェア』

【日時】

2017年7月22日 10時~17時

2107年7月23日 9時半~16時半

【会場】

さいたまスーパーアリーナ(さいたま新都心駅からすぐ)

 

その他

 

・進学フェアは、暑い中長時間並ぶことが予想されますので、熱中症対策をオススメします!

・混んでいる午前中よりも比較空いている午後を狙って参加するのも一つの手です。

・さいたま新都心駅からすぐなので、公共機関を利用するのが良いと思います。

(近くに大型ショッピングモールがありますので、買い物もついでにするなら、車もありかも)

 

参加される親子の皆様が有意義な時間を過ごせますようお祈りします!

 

 

本日のまとめ。

 

◆『彩の国進学フェア』は進学相談会ではないので、確約はもらえません。

◆是非、練習として『子どもが質問する機会』を作ろう!

◆受験生の数に圧倒されてこよう!

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

一人娘の家庭教育から生まれたオリジナルメソッド『万の種』。
「遊びは学び♪学びは遊び♪」がコンセプトの知的好奇心種まき講座を企画・運営しています。(対象は未就学児から小学生まで)
子育てや講座内で活用してきた「おもちゃや教材の話題」を中心に、子育て中の親子にとって役に立つ情報をお伝えします!!

 

Copyright© 『万の種』×知育教材HACKS , 2017 All Rights Reserved.