2017/09/24

【子育ての悩み相談】魔の2歳児『イヤイヤ期』にどう対応したら良いの?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

一人娘の家庭教育から生まれたオリジナルメソッド『万の種』。
「遊びは学び♪学びは遊び♪」がコンセプトの知的好奇心種まき講座を企画・運営しています。(対象は未就学児から小学生まで)
子育てや講座内で活用してきた「おもちゃや教材の話題」を中心に、子育て中の親子にとって役に立つ情報をお伝えします!!

 

 

どーもー!!

遊びながら知的好奇心を引き出すことが大好きな 万の種 あひる です。

 

 

子どもが小さいときってなかなか大変ですよね。

 

大人のペースで動いてくれないし、大人の都合も通じないし・・・

そんな一つの例が『魔の2歳児』から始まると言われるイヤイヤ期です。

 

何を言っても『イヤ!!』一点張りの時期があるお子さん多いですもんね。

 

2歳、3歳くらいになると、今までなんとなくしか認識していなかった自分自身のことが

だんだん分かるようになってきます。

 

すると、自分の存在というものをちゃんと確認してみたくなるんですよね。

 

「イヤ!」と言ってみることで、「自分は自分」という自我がちょっと芽生えてきたりするわけです。

 

でも、

「イヤ!」の中身は、本当に嫌で言っていることもあれば、

本当に嫌なのではなく、自分自身を確認する作業から来ていることもあります。

 

今日は

出かけようと思ってるのに、2歳児に駄々をこねられてなかなか外に出られないんです・・・

らいおんママ

というお悩みに対して、

実際の例を交えながら、イヤイヤ期の対応の仕方を紹介します。

(以下は実例ですが、全てのケースに当てはまるわけではありません)

 

『イヤ!』と言われたときの一つの対処法

 

もう出かける時間が迫っているのに、子どもが駄々をこね始めた・・・。

まずはそんな状況から。↓

「こうしなさい」「ああしなさい」がイヤ!なので、

「急いで!」「もう行くよ!」など一方的に言われると、それに反発して

「やだ~!!行かない~!!」となっているところです。

 

力任せに無理やり連れて行くことはできるけど、もっと良い対応の方法って無いかしら・・・?

らいおんママ

そんなときには例えば、こんな方法があります。

「自分でコントロールしたい!」と子どもが思っているときには、

選択肢があると『自分の意思で決められる』ので、抵抗がなくなります。

 

この時のコツは、「行く」「行かない」の選択肢を与えずに、

出掛けることは既に決まっている前提で、選択肢を示すこと。

 

例えば、「これと、それ、どっち着て出掛ける?」のような感じです。

 

選ぶことができると、子どもは自分の意思を通せた満足感を得られます。

 

イヤイヤ期は、自分で選びたい年齢になったというサインです。

 

なので、「子ども自身がが選んで行動する」という演出ができると

大人にとっても子どもにとっても幸せな結果になりやすいです。

 

(※ただし、子どもが本当に嫌だと感じている場合は、この手は使えません。

本当に嫌がっている場合は、「どうして嫌なのか?」その原因追求にチェンジすることをオススメします。

また、他の欲求が隠れているときにもこの手は使えません。

要はお子さんの様子を見ながら、その時最善と思う手を尽くしてみることをオススメします。)

 

『選ぶ』という行動は自立していくために大事なこと。

 

子どもが成長していく過程で、いつも大人が用意して全部お膳立てして・・・

ということが仮にあったとしたら、それは子どもの経験値を親が奪ってしまう事になりかねません。

 

もちろん、親のほうが経験値があるし、予測もたてられます。

でも、仮に失敗するなとわかっていても、時には眼をつぶって子どもが選んだことを体験させる。

その体験が子どもの経験値になっていきます。

(もちろん、ケースバイケースなので、全部子どもの思い通りにせよ、なんて話はしていませんよ)

 

イヤイヤ期は、子どもにとっても親にとっても、半分自立するチャンスなんです。

 

もちろん、まだまだ子どもは親の援助が必要ですし、子どもも全部一人では決められません。

 

でも、「能動的に自分で何かを選択する」をいう経験を繰り返すうちに、

「自分の好き」が明確になったり、「自分のやりたいこと」が出てきたりします。

 

そして、自ら何かを選択していく過程を繰り返すことで、「好き」や「やりたいこと」に向かう集中力や能力を育てていくことが出来ます。

 

子どもが自分で選びたいんだという態度を取ったら、

はじめは、「AとBどちらにする?」のような2択から始めて、少しずつ選択肢を広げていくと、

自分で選ぶ感性が育っていきます。

 

(子どもによりますので、2択ではなく、「今あるもの全てから選ぶほうが盛り上がる場合」はそれでももちろん構いません。)

 

 

イヤイヤ期は、子どもの好きを見つけるチャンスでもあります。

是非楽しく面白がって乗り切ってみてくださいね^^

 

注意点

 

今回の記事は、心に余裕がない場合、時間的余裕がない場合など、

「そんなこと無理だよ!」という感想を持たれる方もいると思います。

個々に状況は違いますので、「余裕がない私はダメな親なんだ・・・」のように

落ち込んだり、自分を責めたりしないようにお願いします。

 

必死に子育てしてるときには、理想通りにはなかなか行かなくて悩んだり、

途方に暮れたり、投げ出したくなったり、それは色々なことがありますから。

一つ言えるのは、必ず「イヤイヤ期」は終わります。

どんなに今がしんどくても、必ず終わる日が来ます。

だから、大丈夫ですよ!!

本日のまとめ。

 

  • 『イヤイヤ期』は自我の芽生えと自分の好きを知るチャンスになる
  • 『イヤイヤ期』は子どもと親の半分自立のチャンス
  • 子どもが自分の人生をしっかり歩いていけるように、子どもが選択できる場面を積極的に作ろう

スポンサーリンク


 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

一人娘の家庭教育から生まれたオリジナルメソッド『万の種』。
「遊びは学び♪学びは遊び♪」がコンセプトの知的好奇心種まき講座を企画・運営しています。(対象は未就学児から小学生まで)
子育てや講座内で活用してきた「おもちゃや教材の話題」を中心に、子育て中の親子にとって役に立つ情報をお伝えします!!

 

Copyright© 『万の種』×知育教材HACKS , 2017 All Rights Reserved.